無宗教での葬儀ではお経は必要か否か

故人の意向もあり、無宗教にて葬儀を行う場合もあります。好きな音楽を流したり、思い出を映像にして流すタイプなど形式はそれぞれです。もちろん葬儀の際にお経をあげてもらうことも出来ますが、その際におけるポイントを紹介します。

菩提寺にて、予めその旨報告をしておかないとトラブルになる可能性があります。戒名やお経無しにして法要や納骨の管理だけをお願いすることは、寺院にとって好ましくありませんので、報告の際も注意しましょう。近年では葬儀の形式は一般葬だけではないとはいえ、無宗教にて葬儀をするケースは稀です。納骨をする際には、公営墓地など宗派に関係なく納骨する形となります。また、海洋散骨を行う会社もあります。それぞれ後に、親族が話を聞いて納得をされない場合も想定されます。親族間トラブルにも繋がりますから、生前に親族を交えてその旨相談しておくことが必要です。

無宗教の場合でも最低でも火葬は必要ですから、僧侶を手配する際には葬儀会社に依頼することも選択肢の一つです。お経をあげるか否かも、予め相談しておくと段取りを組んでもらえます。予算をおさえるタイプにするか、豪華な形でお見送りするかをある程度考えた上で相談してください。納骨するには法要も必要です。法要に代わり追悼の式を設けることで、故人や親族を含め皆が納得のできるお見送りへと繋がります。それぞれに葬儀会社に依頼する場合は、無宗教の葬儀でも対応出来るところがおすすめです。生前に葬儀会社を調べて相談することも一つの方法です。

無宗教での葬儀でもお経をあげることはできます。菩提寺や親族とのトラブルにならないよう、生前における確認が必要です。