お経をあげない葬儀について

近年では、跡取りがいないところや葬儀そのものに費用をかけたくない家庭も少なくありません。その際に、直葬をはじめお経をあげない形式にて葬儀をするところがあります。一方、仏教以外の宗派では、お経をあげない形式のタイプがあります。

キリスト教タイプでの葬儀の場合、お経の代わりに牧師が先導して聖書の朗読や説教を行います。讃美歌を皆で歌い、故人をお見送りする流れとなります。お布施の代わりに葬儀当日に牧師に謝礼を渡す形となります。費用相場が地域や支部教会ごとに異なりますから、予め確認することがおすすめです。
神道タイプの葬儀の場合は、お経の代わりに通夜や告別式にて祭祀祈祷によるお祓いを行います。神官が斎場や神社にて行う形式となります。費用は葬儀の当日に御祭祀料を渡す形となります。金額は神社により異なりますから、予め相談してください。

新興宗教の一つである創価学会では、友人葬が行われています。題目という名のお経をあげる際には、僧侶の代わりに学会員が儀典長となり先導して題目をあげていきます。お布施や戒名はありません。
エホバの証人では、宗教上の考えからお経を唱えたりなどの儀式的なセレモニーはしません。直葬で済ませることが多いです。別途日時を設けて、近親者や関係者を交えての追悼式にて、お見送りをする流れとなります。

仏式の場合は、葬儀をはじめお経をあげてお別れをしますが、それぞれの宗教での形式が異なります。僧侶を呼ばない代わりに、地域の最寄りの責任者に相談したうえで葬儀の段取りをとる流れとなります。