葬儀を直葬でする場合はお経は必要か否か

近年では一人一人のライフスタイルの変化及び跡取りの問題があり、葬儀を直葬で行う家庭もあります。その際にもお経を依頼することはできますが、ポイントを紹介します。
菩提寺がある場合は、故人の意図を組んだ上で直葬で行う旨を伝えてください。それによって対応してもらえますが、直葬に理解が得られない寺院もあります。その場合、納骨時の対応をしてもらえないこともありますから、相談をする際はその点を押えておきましょう。

菩提寺が無い場合や菩提寺の理解が得られなかった場合は、葬儀会社に依頼をして、僧侶を手配する流れとなります。近年では、宗派を確認できたらネットで僧侶を手配できる会社もあります。直葬でのお布施の相場は、5万から10万円です。一方、それぞれに交通費や戒名、各種オプショを提供し、高額請求をしてくる会社もあります。トラブルを防ぐためにも、予め火葬式でする際におけるお経の流れや費用を確認してから、依頼をしてください。

直葬はお経を読まない場合ありますが、読んでもらう際の流れを紹介します。先ずは、自宅や斎場など安置されている場所に僧侶が来て、お経を唱えてもらいます。葬儀を終えて火葬場に来てもらう場合、炉の前でもお経を読んでもらいます。それぞれにお布施とは別に1万円程度のお車代が必要になる場合もあります。

直葬にて葬儀をする際にも、お経を読んでもらうことはできます。費用が抑えられてシンプルな葬儀のタイプです。法要後の対応についても菩提寺に確認するなど、親族を含めて納得できる形にしておくことが必要です。