葬儀や法要においてお経を依頼する際のポイント

葬儀や法要の際にお経をあげてもらうためには、僧侶に依頼する必要があります。その際のポイントを紹介します。

先祖代々でこれまでお墓の管理及び各種法要などをしてもらっている菩提寺がある場合は、そこに連絡をします。故人が亡くなってから、出来るだけ早く連絡をすると、通夜や葬儀におけるスケジュールを立てやすくなります。亡くなってすぐの場合や初めての方では、そこまで気が回らないかもしれません。菩提寺がわかれば葬儀会社が代行をしてもらうことも可能です。その際に葬儀に来る僧侶の人数を予め確認しておかないと、複数人で来られた場合は費用が多くかかります。故人が就職などで地元から離れていると、菩提寺が遠方にある場合もあります。その際には、地元にある菩提寺に亡くなった旨連絡を入れてください。僧侶のスケジュールがつかない場合は、同じ宗派の寺院に連絡を入れて対応してもらえることが多いです。ここでの連絡なしに他の宗派にて自己判断でお経の依頼をすることはおすすめできません。法要後の納骨の際にそれぞれの寺院で対応してもらえないなどのトラブルにも繋がりかねません。

また、菩提寺が無い家庭もあります。その際は、葬儀担当の会社に確認したうえで、代行サービスを依頼することとなります。お経や戒名など各種対応してもらえますし、金額設定も明確です。故人が希望する宗派の確認をしておくと、スムーズに対応してもらうことができるでしょう。

菩提寺の有無を生前に確認したうえで、葬儀やお経の依頼をしないと後々トラブルになる可能性があります。親族間トラブルにも繋がりかねませんので、注意が必要です。